歴史資料館「大旅籠柏屋」〜等身大雛人形〜

  • 2010/03/31(水) 17:24:42

歴史資料館「大旅籠柏屋」のひなまつり  
〜等身大雛人形〜





“マルめる”第98号で冷蔵庫部Oさんが紹介してくれた,
「大旅籠柏屋」。

「岡部宿大旅籠柏屋のひなまつり」があると教えて頂いたので、
早速見に行ってきました。

江戸時代にタイムスリップしたのかと勘違いしそうな風情がある場所で、等身大の雛人形が並べられるイベントです。
 
ドキドキしながら玄関を入ると2体の人形(随臣)が座っていました。この人形が等身大の雛人形!?・・・やっぱりお内裏様とお雛様が見たい!!

受付をすまし、キョロキョロしているとガイドさんが「こちらからどうぞ」と声を掛けてくれました。見学するには順番が・・・!!
すぐに見ることはできず、はやる気持ちを抑えながら、ガイドさんの話を聞きました。

かしばや
↑玄関

江戸時代の旅籠の様子や時代劇で見たことがある道具など人々の暮らしぶりがわかる貴重な建物で、この家の持ち主であったおばあさんが平成6年まで一人で暮らしていたそうです。

香時計

↑右下側:手に持っている方が香時計

現代でも使えそうな「香時計」は中でも印象的で、香りを楽しみながら、時間の流れを知ることができます。お香やアロマキャンドルの原形だったのでしょうか?とても魅力的でした!!!
  
↓今回、私が一番楽しみにしていた「等身大雛人形」の姿がコチラです。

等身大雛人形

 
部屋には雛人形が13体!!
内裏雛(殿・姫)、仕丁、五人囃子、三人官女が飾られていて、その大きさには本当に驚きました(@_@)
 
制作者は地元、旧岡部町出身「好光人形」の薮崎好光さん。
東京浅草で歌舞伎の「活人形(等身大人形)」を見た好光氏が、まるで生きているかのような人形を自分でも作りたいと思い立ち、65歳になってから作り始め、4年の歳月をかけて完成させたという雛人形です。

一体一体、顔の表情が違い、着物もとても綺麗で、ものすごい迫力でした。また、この部屋から見る庭も日本庭園のようで素敵なんですよ〜。
 
焼津市や藤枝市は月遅れのひなまつりなので、4月4日(日)までイベントが開催されています。等身大の雛人形!まだ間に合いますので、ぜひ皆さんも実物の大きさに驚いて下さい(^−^)





焼津マルイリHPへジャンプ

おかげさまでオープン5周年「ごはんや藤枝志太食堂」

  • 2010/03/19(金) 18:14:44

おかげさまでオープン5周年!!   
「ごはんや藤枝志太食堂」




  
桜舞う藤の里におふくろの味『ごはんや藤枝志太食堂』がOPEN
して2010年3月28日(日)で5周年を迎えます。

オープン5周年記念として、
やいづの鮪問屋が選んだ天然本鮪寿司が
3月22日(月)より登場!!


まいどおおきに寿司

↑1日限定10食(昼・夜)お急ぎ下さい=3
                
その他にも揚げ物、煮物、酢の物などメニューが豊富なので、
どれにしようかと迷ったら、ぜひ店員さんに
「今日のおすすめは何ですか?」と声を掛けてみて下さい。
子供の健康を気遣う、なつかしいおふくろの味をお好みでいろいろ組み合わることができます。

心と身体においしいものを召し上がりませんか?
 
場  所:静岡県藤枝市青木2-16-16 田沼街道沿い、
     <家具の藤越斜め向かい>

営業時間 11:00〜23:00 年中無休
電話番号 054-646-8501

http://www.maruiri.co.jp/4_sinoda.html




焼津マルイリHPへジャンプ

ものぐさ亭主!?のプチ日記 「黒皮たたき味わいレポート編」

  • 2010/03/19(金) 18:05:35

“黒皮たたき”味わいレポート





先月号に引き続き再び登場。ものぐさ亭主!?の味わいレポート編。
 
◎第一加工部Kさんより−−−−

弊社商品で取り扱い量が増えている商材「黒皮カジキ」。

カジキの中では大型種で、メスはオスより大きくなり、大きいものでは体長4m、体重500kgにもなります。黒皮カジキの身は、引き締まった身とあっさりとした味わいで漬け魚としてはもちろんですが、“たたき”としてサラダ感覚で味わうことができます。

黒皮かじき料理

↑左上:イタリアンドレッシング
 右上:辛味噌(コチュジャン)
 下:わさび醤油

 
イタリアンドレッシング、おろしポン酢醤油、わさび醤油、またオリーブオイルで少し中まで火を通してから、辛味噌(コチュジャン)をつけて食べました。

どれもカジキのおいしさを生かし、
野菜も沢山食べれてとってもヘルシーです!
 
わさび醤油は魚本来の味そしてほのかな甘さ、イタリアンドレッシングは一晩冷蔵庫に置いた物もとても美味しく食べれました。家族全員でいろいろ味わうことができ、お得感いっぱいに食べることができました。

−−−−◎

わさび醤油の食べ方が定番になってしまいますが、ひと工夫でいろんな味わい方ができ、どれも簡単にできそうなものばかりですね。辛味噌(コチュジャン)美味しそう〜(^−^)今度チャレンジしてみよう!!!




焼津マルイリHPへジャンプ

イベント情報 「第6回駿河湾深層水まつり」「第54回静岡まつり」

  • 2010/03/17(水) 18:15:05

イベント情報 
「第6回駿河湾深層水まつり」「第54回静岡まつり」






桜の開花の便りが届き、ようやく春めいてきました。
春を満喫しに出掛けよう!!!


◎第6回駿河湾深層水まつり◎ 

日時:3月20日(土) 10時から15時(雨天決行)

この時期の恒例イベント『駿河湾深層水まつり』が
今年も開催されます。

当日は、チャレンジスタンプラリー(ラリー参加者には<span style="color:#CC0033">深層水塩入りポップコーンをプレゼント)の他、桜えびやトマトなど焼津の特産品を使用した「大鍋カレースープ」の無料配布(先着400人)や深海ザメの解体ショー(予定)やうみえーる焼津の店舗では当日限定の深層水料理も登場。 駿河湾の深〜い海の底から汲み上げられた深層水を使って作られた商品や深層水に関する楽しいイベントがたくさんです!!
 
3月中旬を過ぎ、とても暖かい日が多くなってきましたので、春の陽気に誘われ、ぜひ出掛けてみて下さいね♪ 
 
場所:アクアスやいづ・うみえーる焼津特設会場、
   深層水ミュージアム



◎第54回静岡まつり◎ 

日時:4月2日(金)、3日(土)、4日(日) 
場所:駿府公園
 

静岡まつりは、400余年という伝統ある静岡浅間神社の「廿日会祭(はつかえさい)」に呼応して、昭和32年(1957年)からはじまった市民のお祭りです。「駿府で徳川家康公が家臣を連れて花見をした」という故事に習い、『大御所花見行列』をメインに、桜の花咲く頃のお祭りとして市民に親しまれています。
 
大御所花見行列を飾る大御所役のタレントさんは、2日(金)、3日(土)は筧利夫さん、4日(日)は錦野旦さんが登場します。

城下総踊りの『夜桜乱舞』や駿府城を目指す『駿府登城行列』など、駿府城内は江戸姿の
商人や町人が行き交い、大演舞場やまつり小路など、様々な催しが繰り広げられます。
 
詳しくはこちら → http://www.shizuokamatsuri.com/54th/index.html




焼津マルイリHPへジャンプ


おいし〜・ヘルシ〜・財布にやさし〜健康栄養食「黒はんぺん」

  • 2010/03/05(金) 17:34:38

おいし〜・ヘルシ〜・財布にやさし〜
健康栄養食「黒はんぺん」





営業部のMさんが最強の美容健康栄養食をひらめいた!!!
コラーゲン入りの黒はんぺんが食べてみたいなぁ♪

◎営業部Mさんより−−−−

広報やいづに掲載されていた「黒はんぺんを知ろう、作ろう、食べよう」の“食べよう”に誘われて参加してきました。

参加者は小学生から60代位までと幅広く、男性の方が多いことに驚きました。

最初に、焼津ではんぺんを製造している山下商店さんの山下さんが「黒はんぺん」についてお話をしてくれました。

「黒はんぺん」は、主にサバやイワシを原料としているので、DHAやカルシウムがたっぷり入っていて、材料はでんぷん、砂糖、塩しか入っていない為、4〜5日しか日持ちせず、昔は手作業だったのが、現在は機械で作られ、製造した「黒はんぺん」は、90%が県内で消費されると言うことでした。

黒はんぺん工程

お話の後は山下さん指導のもと、木で出来た丸いお椀のふたのようなものと、包丁の刃がないような道具を使い、ついに「黒はんぺん」作りが始まりました。

見よう見まねで何度もチャレンジしましたが、「どう見てもはんぺんの形じゃない・・・」と思いながらもお湯の中に投入して、茹で上がったら「黒はんぺん」の完成です!
出来立ての「黒はんぺん」は魚の臭みがなく、甘みを存分に味わえてホントに最高でした!

大正初めに出来た「黒はんぺん」が食卓に並ぶようになって100年が経つというお話でしたが、とてもやさしい健康栄養食がいつも私の身近にあったんだなぁと改めて感じました。こんな美味しいものが全国に広がったらいいのにと思いつつ、「黒はんぺん」に「コラーゲン」が入ってたら、“最強の美容健康栄養食だわっ!””きっと女性は嬉しいはず!”なんて勝手に妄想していました。

これからも私の食いしん坊を活かして、色んな食べ物について楽しみながら勉強出来るイベントに参加してみたいと思います。次回はきっと、いつものマルイリ三人娘で登場するのでは・・・!?お楽しみにっ♪

−−−−◎

「黒はんぺん」って100年の歴史があったんですね〜。知りませんでした。“マルめる”第95号でもB級グルメを目指そう!という記事提供がありましたが、「黒はんぺん」は今も私達の生活に欠かせません!!Mさん!一人で抜け駆けして、美味しいものを食べていたなんて・・・ずるいっ!!

コラーゲン入り黒はんぺん!ナイスアイデア。本当にあったら食べてみたい。今度は一緒に連れてってよ〜♪ 




焼津マルイリHPへジャンプ

ものぐさ亭主!?のプチ日記~遠州日帰りドライブコース=3

  • 2010/03/03(水) 17:01:26

ものぐさ亭主!?が
遠州(静岡県西部)の日帰りドライブコースをご案内。






◎第一加工部Kさんより−−−−

昨年は自分の趣味もあるのですが、浜松を中心として遠州方面に出掛ける機会が多く、一人で出かけることもあり、なんとなく後ろめたさを感じてはいたのですが、今年初めての遠州路は家族の意見を尊重しながら日帰りドライブのプランを立て出かけることとなりました。
偶然にも私の行きたかった場所が近く、簡単に決まりしっかりと自分の好みの場所も入れることができました。

「秋野不矩美術館 → 花咲乃庄 → 掛川花鳥園」 コース
 
◎秋野不矩美術館◎ 

秋野不矩(あきのふく)画伯は天竜区二俣町出身の女性画家(享年93歳)で、日本画の域にとらわれず自由な作風で特にインド、ネパール、アフリカなどを題材にした大作を描かれています。

秋野不矩


個性的な建物で展示室は靴を脱いでの見学になります。
回廊風のスペースがあり、その奥は広くゆったりとした空間があります。入口の穏やかな表情の写真からは想像もつかない力強くそしてどの作品も非常に大きいです。きっと引き込まれる雰囲気を感じると思います。
 
詳しくはこちら → http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/lifeindex/enjoy/culture_art/akinofuku/

◎花咲乃庄(ハナサカノショウ)◎

江戸末期から続く旧家を当時の風情を残したまま一般に開放しています。

花咲乃庄


多目的ギャラリーや手打ちそばの店(“一貫”昼食をとりました)があり、江戸から昭和へと時の流れを感じることができます。

この日はイベントで今ブームの幕末の英傑勝海舟、山岡鉄舟、西郷隆盛の書の展示をしていました。

詳しくはこちら →http://www.hanasakanosho.com/

◎掛川花鳥園◎ 

さまざまな鳥達と接することのできるテーマパークです。
(娘が大好きです)

掛川花鳥園


インコが群れをなして飛ぶ光景や数多くの猛禽類(他の動物を捕獲する為に良く見える目、鋭い爪、嘴を持つよう進化した鳥達。鷲、鷹、フクロウコンドル)、鷹匠のファルコンショウは娘ならずとも格好の
被写体として私も楽しめる場所です。

詳しくはこちら → http://www.kamoltd.co.jp/kke/
 
<ちょっと寄り道>

実はもう一つ私の好きな場所が・・・。
秋野不矩美術館から5分程の所にある徳川家康の長男の松平信康ゆかりの『清龍寺』です。2回目なのですが信康が悲運の武将だけに歴史のロマンを感じる場所でもあります。

清龍寺

 
梅がもう少し咲いていたらもっと絵になっていたと思います。

−−−−◎

今度のマルめる記事楽しみにしていてね!と言ってくれていたKさん。秋野不矩美術館は、外国の古城のような外観に驚きました。
このドライブコースは、どんなツアーにも負けない(^−^)/オリジナルコース♪さすが!!です。みんなの行きたい所がちゃんと入っているプランになって、私はなんだかホッとした気持ちになってしましました(^−^)

お父さんは休日も家族サービスで大変だぁ!?




焼津マルイリHPへジャンプ