「南アルプスあぷとライン」〜緑の山々に囲まれたダイナミックな景観〜

  • 2010/02/03(水) 16:42:24

「南アルプスあぷとライン」          
〜緑の山々に囲まれたダイナミックな景観〜





当社がシステム関係でお世話になっているSさんは、
「今度のマルめるの記事はどんなテーマにしようかな?」
と悩んでいる私たちの救世主。
「こんなのはどう?」と情報を提供してくれます♪

今回は、Sさんが撮ってきたという絶景写真をご紹介します。
 
それは、大井川鉄道井川線 通称「南アルプスあぷとライン」。

千頭駅(静岡県榛原郡川根本町)から井川駅(静岡県静岡市葵区井川)までの25.5kmを結ぶトロッコ列車。
奥大井の渓谷をのんびりと走る鉄道で、一部区間(「アプトいちしろ駅」〜「長島ダム駅」)では国内唯一のアプト式機関車(ラックレールという歯形レールを使って急坂を登り降りする急勾配用)を使用し、日本の鉄道では一番の急勾配なんだそうです。そんな湖と緑の山々に囲まれた「南アルプスあぷとライン」は、ダイナミックな景観を楽しむことができます。

あぷとライン1


あぷとライン2

 
大自然の緑の中に赤いレインボーブリッジ、赤い列車、とても美しい風景ですね!Sさんありがとうございます。

写真を撮った場所は、車で山道をぐんぐん進んでいくとあるそうなのですが、その山道がとても急で車とすれ違うのも大変な場所なんだそうです。今度は、雪が降った時の風景を撮りたい!!と意気込んでいました。

雪が降った時の風景もステキなんだろうな?
また見せてもらわなくちゃ♪
実際にこの列車に乗ってみるのも良いかもしれません。

弊社社長は、趣味の自転車で“焼津〜長島ダム付近”まで3時間かけて行ったことがあるそうです。自転車で行くなんて驚きですね。途中、疲れたので、この「南アルプスあぷとライン」に乗ったそうなんですが、運賃の高さにびっくりしたそうです。大人片道1,280円と自転車を分解し持ちこんだ為、その分の料金もかかり・・・。

「窓から手を伸ばすとすぐに岩があったり、急斜面を上りながら走るので、遊園地みたいで楽しかったよ!」と言ってました。
帰りは、また千頭から自転車に乗って帰ったそうです!社長の運動量ってハンパなくすごいっ!(^_^)と思いました。

5月頃から夏がおススメ!皆さんも機会があったら、この絶景を見に出掛けてみて下さ〜い♪

焼津マルイリHPへジャンプ