駿河湾震源M6.5

  • 2009/08/21(金) 17:12:02

駿河湾震源M6.5




地鳴りのような音がしたと思ったら、
今までに経験したことのない大きな揺れをリアルに体験し、
パッと飛び起きました。
東海地震が頭をよぎり、あまりの恐怖で、その場から動くこともできませんでした。
 
2009年8月11日(火)午前5時7分頃、
駿河湾を震源とする強い地震がありました。

焼津では、震度6弱を記録し、全国ニュースで、
駿河湾地震の東名高速道路の崩落や屋根瓦が崩れた様子がテレビに映し出されていましたが、焼津港では、なんと防波堤がズレてしまいました。

焼津は海に近い為、津波の心配もありましたが、震度の割には被害が少なくて安心しました。



焼津地震

 
↑営業部のY特派員が地震の2時間後の焼津港の様子を写メしてくれました。

丑年の年は、「何か起こる事が多い!」と聞きました。
全国各地、大雨の被害等の自然災害が相次いでいますので、
日頃、防災用具を備えておく、必要性をヒシヒシと感じました。

余震も何回かあり、本当に怖かったですが、
みんなが無事でいられることに感謝したいと思います。

取引先様、関係者様方より、たくさんのご心配のお電話を頂き、本当にありがとうございました。
弊社では幸い大きな被害もなく、通常通り営業することができました。




焼津マルイリHPへジャンプ

和ごころ体験  「フェルトアクセサリー作りワークショップ」     

  • 2009/08/20(木) 17:12:08

フェルトアクセサリー作り




まるで飴細工のお菓子みた〜い♪
 
古民家ギャラリー「こころ庵」で「マルイリ三人娘」と呼ばれている私とKさん、Mさんが今回、挑戦したのは、フェルトアクセサリー作り(ブローチ・フェルトボール)です。
羊飼い歴23年の先生に教えてもらいました。

※フェルトとは・・・羊毛などの獣毛に蒸気・熱・圧力を加えて縮絨(しゅくじゅう)させ、布状にしたもの。保温力・弾力性に富み、とても軽いので、帽子・履き物・敷物などに使用されます。

見た目がとても可愛いフェルトのアクセサリー。
私が知っているフェルトというのは、小学生の家庭科の授業で使った四角い布状のもの。どうやって作っているのか、想像つかなかったのですが、体験してみると、出来上がるまでの時間と労力の大変さ
に驚きました。
 
午前中はブローチ作りです。
まずは、色とりどりの美しい原毛(毛織物の原料にする羊毛)の中から自分の好きな4色を選びます。

選んだ色を混ぜ合わせて、洗剤水(水に食器用洗剤を少し入れたもの)を少しずつかけながら、すだれを使って、手巻き寿司を作るみたいに巻き、コロコロ、コロコロ転がすと、ひも状のフェルトができます。

簡単そうに聞こえますが、もう!これが本当に大変(>_<)
 
「芯までしっかりフェルト化させないと、ほぐれてしまうから、頑張ろうね!」という先生の指導のもと、ひたすら、すだれで巻き巻き、コロコロ。力を入れながら手を素早く動かします。
 
フェルト細工1
 
 
◎写真左:手に持っているのが洗剤水。下にあるのが原毛です
◎真ん中の写真:洗剤水をかけながら転がしている所です
◎写真右:ひも状になった状態

「先生、この位でどうですか?」
「ここは大丈夫だけど、まだここ柔らかいでしょ?もう少し頑張ってみよう!」

この会話のやりとりを何回したことか・・・。
先生は、なかなかフェルト化の合格を出してくれません。

次第に、頭がクラクラ。腕も・・・痛い!!!(2時間くらい転がし続けたのかなぁ。)
12時をまわったというのに、なかなかお昼ご飯になりません・・・。
一人、また一人と完成していくのを横目に、だんだん投げやりな気分になりながら、我慢する時間が続きました。

でも、私も何とか昼食時間前に、合格をもらい、とりあえず一安心。
ひも状のフェルトが完成したら、自分の好きな形に思い思いに結んで、ブローチにします。
  
午後は、フェルトボール作り。
お昼ご飯も食べて体力も回復し、午前中の作業でコツを掴んだせいか、フェルトボール作りは少し余裕ができ、楽しく作業ができました。
 
原毛を少しずつ手に取り、丸くさせながら、大きなボールや小さいボールそれぞれ思い思いの大きさのボールを5つ作ります。
そのフェルトボールに、ひもを通して完成です。

水も含んで固くなったフェルトに、ひもを通す作業も大変でしたが、苦労してやったかいもあり、可愛いアクセサリーが完成しました。

フェルト細工2

    
 ↑ブローチ             ↑ネックレス
   
最後まで気が抜けなかったフェルトアクセサリー作り。
すごく大変だったけど、飴細工のお菓子のような、色とりどりのアクセサリーが完成して大満足(^−^)
とっても綺麗でしょ!!(美味しそうに見えますか?)

ただ、事実を受け止めたくない、不思議なことが一つ。
帰る時に、すでに腕が痛かった私。Kさん、Mさんも「まだ痛くない」と言っていたので、「次の日絶対痛くなるよ〜」
と会話をしていたんです。でも、一番若いはずの私だけが、筋肉痛になりました(;_;)なぜだ??
 




焼津マルイリHPへジャンプ

帰省のお土産に

  • 2009/08/07(金) 17:14:19

帰省のお土産に




8月に入り、もうすぐお盆休みのシーズン♪ 
今、帰省の準備で忙しい方もいらっしゃるのではないでしょうか?

マルイリでは、ご家族や久々に会う友人との語らいのお供に、
おいしい魚を取り揃えています。

産地直送。ご指定の日にち・時間にお届け出来ますよう手配させて頂きますので、安心してご利用下さい。

受付は8月10日(月)まで。遠方の方はお急ぎ下さい。

夏季休業日:8月13日(木)〜8月16日(日)まで

詳しくはこちらまで<焼津マルイリホームページ>

ご注文はメールからでも受け付けています。
yaizu-maruiri@gol.com




焼津マルイリHPへジャンプ


 

すべては皆様の笑顔のために 「にじいろ。」

  • 2009/08/06(木) 16:53:44

すべては皆様の笑顔のために 
「にじいろ。」






空のかけ橋・・・虹のよう。
もっと焼津のすばらしさを。
もっと「本物」を日本全国に伝えるために。

「新しくOPENした居酒屋があって、
店長さんに取材の許可もらったよ!!」
今回は、営業部のAさんからのお店紹介です。
 
平成21年4月24日、焼津駅から徒歩3分の場所にOPENした
『にじいろ。』
虹色外観

モダンな雰囲気の中に大漁旗。
どこかミスマッチ?と思いきや、ライトに照らされている大漁旗がとってもオシャレ。

さかなの町、焼津らしさも残しつつ、庭に出てみれば、綺麗な庭園があるので、どこかの旅館にでも来た気分♪
焼津の美味しい魚と季節ごとの旬の食べ物を使った料理で、お酒を飲みながら、お食事をゆったり楽しむことができます。梅酒、カクテルの品数も豊富なので、女の子には嬉しい(^−^)

にじいろ店内

 
 
忙しそうに動き回っている店長さんに声を掛け、
少しお話を伺いました。
 
Q.お店のメニューには、どんな所にこだわっていますか?

「シンプルかつ豪快な料理」

Q.おすすめ&人気メニューは?

「季節限定のでんでん焼き、炭火焼野菜。」

Q.このお店の名前に込められている想いとは?

「本物を、焼津の良さを全国に伝えるためのかけ橋。」

★店長さんから一言。

「落ち着いた店内で、本物の料理を味わって下さい。」

 
お刺身や品良く盛り付けられた前菜など、
次々と運ばれてくる料理で話もはずみ、ついついお酒も
進んでしまいますよ〜(^−^)駅からも近いので、
帰りのことは気にせず、安心して飲める所がオススメです。
ぜひ、お友達やご家族を誘って出掛けてみて下さい♪

最後にAさん!「お料理の写真がうまく撮れなかった」と言ったら、快く写真を撮って来てくれて、ありがとう。

みんなで、楽しい時間を過ごすことができました。また、オシャレなお店があったら紹介して下さいね。
     
 ◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
 『にじいろ。』
 〒425-0027 焼津市栄町2-3-9 Tel/Fax 054-639-7700 
       営業時間 17:00〜24:00
 
       定休日 水曜日 駐車場なし 

   2,000円からご予算に応じたコース料をご用意。
   飲み放題+2,000円。ご希望に応じ、お手伝いします。     




焼津マルイリHPへジャンプ

さかな通信「巨大黒皮カジキまぐろと背比べ」

  • 2009/08/04(火) 16:47:10

さかな通信
巨大黒皮カジキまぐろと背比べ







ある日、営業部のMさんが「大きなカジキまぐろが入庫したから見に来てごらん!」と声をかけてくれました。

毎日、いろいろな魚が運ばれてくるので、
大きな魚は見慣れていますが、
こんなに大きな魚には滅多に出会うことはできません。
  
この黒皮カジキは、インド洋ジャワ沖、延縄漁法で漁獲されたもの。大きさは398kg。(営業部の皆さん曰く、こんなに大きな魚が水揚げされるのは、1年に2、3回だそうです。)

この大きい魚を、いくつかの部位にカットされて売るのかな?と思いきやこの大きさのまま出荷されるんですって!!すごいですね(@_@) 
 
黒皮かじき

近づくのも怖いくらいでしたが、魚屋に勤めていなければ、
なかなか目にする事が出来ないので、
みんなで写真をパチリ!!どうですか?すごく大きいでしょ。
 
◎真ん中の写真:大きさがわかる様にフォークリフトで魚をつるしてみました。 
◎写真右:これはカジキのウロコです(とがっているのが特徴です)
 
「海は広いな〜。大きいな〜♪」と小さな頃、何気なく歌っていましたが、こんなに大きな魚が泳いでいる海って、やっぱり大きくて広いんだなぁ!!と実感。
あの有名な松方弘樹さんもカジキまぐろを釣るのは大変でしょうね〜。
  
ちょっぴり仕事の手を休め、夕暮れ時の楽しいひととき。
記念の1枚になりました(^−^) 






焼津マルイリHPへジャンプ