エコな手作りイベント  「浜通り 夏のあかり展」

  • 2008/08/22(金) 16:59:29

エコな手作りイベント「浜通り 夏のあかり展」




焼津旧港と小川港を結ぶ焼津市の浜通りで、廃ダンボールを利用して作った「行灯」や、孟宗竹(もうそうちく)を利用した竹筒の「灯籠」で通りを照らす「夏のあかり展」が8/6(水)〜8/10(日)まで開かれました。
 
夏のあかり展点灯式

焼津の水産業の発祥の地とも言われる浜通りの活性化を目指すNPO「浜の会」が浜通りの素朴な魅力を広く市民に伝えようと、初めて企画としたいうことで、出掛けて見ることにしました。

かつて浜通り沿いには船主の家や水産加工の工場がずらりと並んでいたそうです。今でも通りと界わいは、都市化や住宅化の波を逃れ、中小の加工場が点在しています。最近ではスケッチや散策に訪れる人も増えたそうで、嬉しいですね。
  
浜通りに着くと、男女問わず魚河岸シャツを来た人がいっぱい。
やっぱり焼津の夏の定番アイテムなんだと再認識。みんなが歩いていく方へ向かうとすでにたくさんの人がいて、点灯式の真っ最中でした。日も陰りだした頃行灯に点灯されると軒先に並んだひとつひとつ手作りの行灯は、辺り一面柔らかな明かりで街並みを包み、とても綺麗でした。
行灯

 
焼津神社の荒祭りや魚などといったそれぞれ違う絵が描かれています。

数日後、知り合いから、「朝日新聞静岡版に載ってたよ!」とメールが送られてきました。何のことだかさっぱりわからずに、メールを読んでいるとそこには、編集係のKさんと私が写っていて「えっ!どうゆうことだ?」

しばらく事態が把握できず、動揺(@_@)そう!それは、先日訪れた「夏のあかり展」での様子でした。

私は、まだ後ろ姿でしたが、Kさんはバッチリ写っていて、なんでこの写真が掲載されたのかわからず、二人で爆笑してしまいました。(一緒に行った管理部のMさんの姿はどこにもなく、少しでも写っていたかったなと残念がっていました。)

今まで“マルめる”の取材でいろんな所に行き、テレビ取材やカメラマンの姿を見てきましたが、いつ撮られたのかもわからず、本当に不意を突かれました。でも良い思い出になりました(^−^)




焼津マルイリHPへジャンプ



ジャパン レプタイルズ ショー 2008 「天然物、石亀Get!」

  • 2008/08/20(水) 16:44:39

爬虫類(はちゅうるい)、
猛禽類(もうきんるい)に夢中!





今回は、第二加工部S部長のマニアックな趣味をご紹介します。
  
◎第二加工部S部長より−−−−


我が家では、亀、ふくろう、めだかの動物を飼っています。
爬虫類、猛禽類好きにはたまらないイベントがやって来ました。
それは年1回、静岡市ツインメッセで行われる
国内最大爬虫類(はちゅうるい)のイベント「ジャパン レプタイルズ ショー」
です。

8/2(土)〜8/3(日)に行われたので、友人と一緒に行って来ました。
世界の爬虫類の展示、ひよこ、ぞうガメと遊べるふれあい広場やふくろう、タカのフライトショー、爬虫類、猛禽類(もうきんるい)との記念撮影会など、たくさんのイベントや日本各地から集まった出展業者の即売会
があり、爬虫類ファンや家族連れで賑わっていました。

猛禽等

↑(左から:イベントの様子、ケズメリクガメ、パンサーカメレオン、ソウゲンハゲワシ)
 
人気だったのは、色が綺麗でカラフルなカメレオン、ヘビ、トカゲ。
ハリネズミを買ってもらっている小学生くらいの女の子も何人か見かけました。

また、ふくろうやタカのフライトショー、大蛇や猛禽類との撮影会は家族連れに大盛況!!多くの人が集まっていました。

自分は天然の石亀ペアを知人の業者を通じてまけてもらい7,000円のところ3,500円でGet!これで我が家のカメは、石亀5匹、スッポン3匹になりました。出社前にえさをあげるのが日課です。
 
※猛禽類は、鋭い爪と嘴(くちばし)を持ち、他の動物を捕食(または死食)する習性のある鳥類の総称。
 −−−−◎

S部長が撮ってきてくれた写真を見ながら動物達の名前を聞いていると、この動物はね・・・と語りはじめたので、すかさず「名前だけ教えてくれればいいです!」とついつい言ってしまいました。
だってS部長!語り出すと話が長くなって止まらなくなるんだもん・・・。

その後も、「いろんな生き物の実態を観察したり、なぜこんな嘴をしているのか?など、いろいろと掘り下げていくと面白いんだよ。」と熱く語っていたので、「まただよ!」と心の中で思いながら「へぇ、そうなんですね〜」と
苦笑いで相づちを打ってしまいました。

私には、マニアックな世界の魅力が全然わかりません(*_*)
この世界に興味のある方は、私の代わりに話に付き合って下さ〜い。  




焼津マルイリHPへジャンプ



もっと飛行機が好きになる!? 『東京国際空港(羽田)工場見学』

  • 2008/08/08(金) 17:35:20

もっと飛行機が好きになる!?
『東京国際空港(羽田)工場見学』





静岡県では、平成21年3月に『富士山静岡空港』が開港されます。
現在、着々と建設が進んでいて、より私達の身近な物になろうとしています。

実は、「富士山静岡空港現地見学ツアー」という募集記事をみつけて応募してみましたが、9,000名を超える申込があり、残念ながら抽選にもれ、当選できませんでした(>_<)このツアー何度か開催されているそうですが、いつもたくさんの申込があるみたいです。みんな空港が出来るのを待ち望んでいるのかもしれませんね。
 
今度、いつ開催されるのかわかりませんが、最新の情報は「富士山静岡空港ビジターセンター」のホームページに公開されるそうなので、
詳しくはこちらへ  

さて、皆さん東京国際空港(羽田)で工場見学ができるって知ってましたか?私は知らなかったのですが、当社社長がこの見学に行き、おもしろかったという話を聞きましたので、こちらもご紹介させて頂きます。

東京国際空港(羽田)の新整備場地区にある「ANA機体メンテナンスセンター」では、飛行機が安全に飛べるように、定時整備や改修を行っています。
ボーイング777をはじめ、ボーイング747などの大型機、中型機がどのように整備されているかを見ることができます。その大きさは同時にテクノジャンボが5機、小型機2機が格納でき、東京ドーム球場の約1.8倍の広さもあるそうです。

工場見学の内容として、前半では、なぜ飛行機が飛ぶことができるのかの実験やクイズなどを実施したお話(約45分間)で、後半は実機見学(約45分間)。グループ毎に分かれて実施し見学担当者が丁寧に説明してくれるそうです。

この季節は、プールや海が定番になってしまいますが、親子そろって社会科見学っていうのも夏休みの良い思い出になるのでは・・・。(^−^)


機体工場見学のご案内はこちら




焼津マルイリHPへジャンプ



素材を大切にした体に優しいレストラン 『P's restaurant(ピーズ レストラン)』

  • 2008/08/07(木) 17:01:32

誰もが幼い頃憧れたプリンセス。
そんな素敵な気分を身近なこのレストランで。





今回は、今年6月1日にOPENしたばかりのお店を管理部のNさんが紹介してくれました。
焼きたて、ふかふかの自家製パンをはじめ、手打ち生パスタや手作りのソース、ケーキなどフレンチの華やかさを演出した贅沢な食事を楽しむことができます。

◎管理部のNさんより−−−−

6月1日に私の知り合いの方がフレンチ&イタリアンのお店をOPENしました。
その名を『P’S restaurant』(ピーズレストラン)。店内は時間帯に合わせた音楽や照明で雰囲気が良く、
落ち着いて食事ができるレストランです。お城のような、とってもかわいい建物が目印です。
私のお勧めのお店なので皆さん、ぜひ行ってみて下さい!!
 
いつもニコニコ笑顔が素敵なシェフ、松本さんにお話を伺ってきました。

P'S外観


Q.このお店の名前にはどんな想いが込められていますか?

「P’S restaurant」の「P」にいろいろな想いが秘められています。
・誰もが、王様、お姫様の気分で(Prince & Princess)
・素敵なレストランを作りたいたいという情熱(Passion)
・皆さんの幸せ、自分たちの喜び、そして世界平和(Peace & Pleaser)
・両親への感謝を込めて(Parents)
この想いを大切に、お客様ひとりひとりにとってのMYレストランになれるよう日々努力しています。」

Q.お店のどんな所にこだわっていますか?

「毎朝、市場で新鮮な魚、野菜を仕入れ、季節や地元にこだわった食材を使っています。ソース・焼きたてパン・生パスタ・ケーキは、手作りで美味しさや安全にこだわっています。 2千円〜3千円でおいしいコースの料理が手軽に食べられます。」

Q.人気メニューは?

「今の時期は、エビとカニのカッペリーニ(冷製パスタ)。 ※カッペリーニは、一番細いパスタ(そうめんくらいの細さ)。」

Q.シェフ・パティシエさんのお勧めは?

「子羊のロースト 夏野菜のソース(コースメニューでも単品でもあります。)」 
「桃のムース シャルロット仕立て」
 
★シェフの願い
「来店していただいたお客様、みんなが笑顔になってくれると嬉しいですね。」

お話を伺っても分かるように、このお店は、シェフをはじめ、スタッフの方の想いがいっぱい、いっぱい詰まったお店です。

いつも優しく対応してくれるオーナーさん、いつも笑顔がステキなシェフ、ちょっぴり恥ずかしがり屋のパティシエさん、スタッフの皆さんはいつも一生懸命です。私は、もう4回も行かせていただきましたが、いつ行っても一つ一つ、丁寧に作られていて、とっても楽しい時間が過ごせます。
私のいち押しコースは・・・。

ピーズブリフィックス(2900円)のコースです。
店内・料理


コースの中にある、「渡り蟹のトマトクリームソース」、「リングイネ」。
デザートでは、「焼きたてアップルパイ」と「キャラメルアイス」がお勧めです。パンは焼きたてでアツアツです。

コース料理は、中菜・メイン料理・デザートと各それぞれ選べるので、みんな違うものを選んで交換するのもお勧め。価格の幅が広くて、手軽に料理が食べたいときも利用できるし、お誕生日や記念日などちょっとリッチに過ごしたい時には、ちょっぴり贅沢なコースを選んだり、どんな時にも利用できます。(ワインもあります。)

とにかく建物・店内・お料理・全てにこだわりがあって、ひとつひとつ大切にしているお店です。

今回、シェフとお話して印象に残った言葉があります。「このお店をやっていて楽しいですよ」・・・。
きっと大変な事もあると思うのに、こんな風に、笑顔で言えるって、とっても素敵なことだなと思いました。

皆さんもP‘Sレストランで王様、お姫様になった気分で、ちょっとリッチに美味しい物を味わってみませんか?

−−−−◎


私も取材を兼ねて、お店に行ってきたのですが、写真も撮らなきゃだし、
食べたいし・・・。
みんなで「どうやって撮ったら美味しさが伝わるかな?」「そうじゃない、こうだよ!」と言いながら・・・。
迷惑なお客だったと思います。素敵なレストランでワイワイ騒いでしまいました。ごめんなさい。

翌日写真を見てガッカリ。全部、ぶれてました(*_*)自分のセンスのなさにビックリです。シェフの松本さん!美味しい料理はもちろん、何から何までありがとうございました。

最後にNさん!素敵なお店を紹介してくれてありがとう。みんなで楽しいひとときが過ごせたね! 

詳しいお店情報はこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『P’S restaurant』(ピーズレストラン)

〒421-0113 静岡市駿河区下川原2丁目1-5 
Tel/Fax 054-257-7776 
営業時間 11:30〜21:00 
定休日 毎週木曜日 
席数48席 駐車場8台 
E-mail ps_restaurant@yahoo.co.jp



焼津マルイリHPへジャンプ